2011年 08月 01日

C☆MAX 切れ角UP

完成後、ラジまに にて試走したC☆MAX。
以下前シャーシであるTNリバコンと比較した感想。

★とてもドリパケベースとは思えない位静か(言わなかったらシャフト車とは判らないかもしれない)
★全体的に流れ始めが穏やかですっぽ抜け感が少なく、流れてからもコントロールしやすい。
★特にリヤの接地感が高くよく粘る。


良い意味でシャフト車らしくない面白いシャーシだと感じました。
気になっていたD-MAXとの比較については、自分がD-MAXを知る程ドライブした事が無い為
けんちゃん にコメントを求めると「D-MAXよりもピーキーさが少なくコレは別物」との事。
やはりシャーシロールが大きい事が特に作用しているのかもしれません。

そして当日何人かの方に試乗&コメント頂いた中で気になったのが、やや流れすぎる感触と切れ角不足の指摘。
流れすぎるのは恐らくサスセットでココじゃないかな~?と覚えがある箇所が有るのでそこを見直すとして、
うーむ、たしかに言われてみればドリフト中のやや違和感有る挙動の原因は切れ角なのか…?
という事で、小加工を行い切れ角UPを行った結果がこちら。
b0002914_1641113.jpg
元々31足なのでそこそこ切れてはいましたが、さすがにココまで切れると純正ユニバでは厳しい…
という事で OVERDOSEユニバ に換装してこの切れ角でスルスル回るようになりました。
欲を言えばアッカーマン調整がもうちょっと出来れば良いのですが、とりあえずコレでいってみようと思います。

しかし改めてドリパケって切れ角UP&アッカーマン調整をやろうとすると、色々な壁にぶち当たりますね^^;
出来ればシャーシに穴開けとかあまりしたくなかったので、なおさら手段が限られます。
先駆者の方のブログなど情報を頼りに色々考えましたが、特に切れ角UP対応ユニバが無いのが辛いです。
切れ角今ほど上げていない時は純正品を加工して乗り切っていましたが、更に上を目指すとなると厳しいですね。
で、結局は足ごと換装してしまうのが手っ取り早いのかなぁ?と考え31足化した訳なんですが、はてどうなる事やら…

次回試走が楽しみです^^
[PR]

by siyoruhayanai | 2011-08-01 17:00 | ラジコンとか | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ayani.exblog.jp/tb/16042312
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by べるの at 2011-08-02 11:44 x
もはやドリパケとは思えない凄い形ですよね。
でも、Tバー風のシャーシカットと言い、フローティングなバッテリートレイと言いよく出来てるなーと思います。
静かなのはやはりオーナーの組み方でしょう(^_^)
試走させてもらった時のアクセルのツキの良さは忘れられません。
さらなる熟成に期待ですね!
Commented by siyoruhayanai at 2011-08-03 19:19
★べるのさん
そうですね。まさにコンバージョンの真骨頂というべきか…
ホント純粋にドリパケ純正パーツと言ったら…ギヤボックス周りくらいかも?^^
べるのさんのシャーシもさて元は何だったか…?
と、完成までのプロセスを知らなかった人が見たらそう思うかも?!ですね^^

ベルト車&シャフト車、それぞれ乗り味が異なっていて面白いです。
C☆MAX、これからさらに詰めていきますんでまた試乗お願いしますね~


<< My Favorites な ...      この動画… >>