My Favorites なモノ

ayani.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 15日

七輪焼き鳥 - 模索編 -

どうせ焼くんじゃったら、少しでも美味しくと思い、
最初から串に通してある冷凍物とかでは無く、
串と肉を別々で買って、仕込むところからやってみた。
この仕込みを丁寧にやると、絶妙な焼き上がりになるんよね。
いざ焼き始めてみると、これがなかなか簡単なようで難しい。
炭との距離・炭の並べ方ももちろんなんじゃけど、
串の先端の方ってよく焼けるんじゃけど、逆に根本の方は焼けにくい。
ここで仕込みの内容が響いてくるんよね。
んで、出来たのがこんな感じ
b0002914_22115266.jpg

まだまだこれから精進じゃね。
[PR]

by siyoruhayanai | 2005-04-15 22:13 | 食べるとか | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ayani.exblog.jp/tb/2518783
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ヵヮィィ雄山ゅぅじ at 2005-04-15 22:36 x
うむ・・鶏は秋田の比内地鶏、
炭は紀州備長炭。焼き加減も頃合いだ。。
美味しそうなので今回は究極のメニューの
勝ちとします。
Commented by b-highball at 2005-04-16 11:28
頭でっかく、けつは小さくです。。
肉と肉との隙間があったらよくないですよ。
カラオケ歌いたいなぁ。。。(ちょっと自己主張(笑)
Commented by shokumoturensa at 2005-04-17 06:31
うまく焼いて肉汁を逃さないようにしないといけないんだっけ???
愛の貧乏救出大作戦でなんか名人がいってたような???(笑)
Commented by siyoruhayanai at 2005-04-17 18:41
>>ヵヮィィ雄山ゅぅじ
ふと海原雄山でググってみたらこんなサイトを発見。

「海原雄山研究1/Ein Besseres Morgen」
http://tokyo.cool.ne.jp/abt/c-kaibara1.html

これいいねぇ、思わず最初から最後まで読んでしまったよ(笑)

>>b-highball殿
肉と肉の間を最初は詰めてたんだけど、
ひっくり返したりしてたらだんだんずれてきて…(笑)
精進しまっす。

>>和殿
遠火でじわじわと火を通すのがコツだそうなんじゃけど、
これがなかなか、焼けたかどうかの見極めが難しいっす。
ささみはかなり良い感じに焼けたんじゃけどね。


<< ちゅーピー祭り行ってきた      続き >>