My Favorites なモノ

ayani.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 19日

THE SUPER SHINOBI & WORKS/YUZO KOSHIRO

1989年G.M.Oレーベルより発売。
b0002914_22225640.jpg
収録ゲームミュージックは「スーパー忍(MD版)」
「ボスコニアン(X68K版)」及びアレンジバージョンを収録。
b0002914_2225864.jpg
改めてブックレットに目を通してみると、
このCDに収録されているのはPC-88版で製作した物なんだそうな。
ネットが現在ほど一般化してなかった当時としては、
こうやってブックレット読むも楽しみのひとつだったっけ。

コンポーザーはかの有名な古代祐三氏
今現在はこちらで活動されておられる様です。
忘れもしない学生時代、X68K芸術祭に来場した古代氏と山下章氏を見た時は
滅茶苦茶興奮したのを今でもよく覚えてます。

さて「忍」は元々アーケード用として発売されたゲームで、
正直B級作品っぽい雰囲気でさほどパッとしない印象だった。
「スーパー忍」になり多少ゲーム内容に変化は有ったが、
特にBGMがゲームの世界観とマッチしていたのが凄く印象的で、
当時このCDを購入した思い出が有る。

「スーパー忍」 - CHINA TOWN(CD収録アレンジver) -

「ボスコニアン」はここでとやかく言う必要も無く、
シューティングゲーの始祖的な存在のひとつといっても過言ではないゲーム。
でも正直、X68Kに移植が決まったと聞いた時は「何で今更…?」と思った。
しかし、アレンジモードとして収録されているこのBGM。
古代節炸裂のスピード感溢れるかつメロディアスな素晴らしい出来映えに
ゲームよりもテストモードでBGMを聞く事が多かった訳で。
ゲーム自体がレトロゲーでBGMはやけに力入ってる感じが、
少々ミスマッチな印象も有ったのも事実だが…^^;

「ボスコニアン」 - X68K版 -

ちょっと例えが違うんだけど、
「ゲーム内容はそうでもないけどBGMは滅茶苦茶(・∀・)イイ!」
ってゲーム有りますよね?
特に古代氏が携わってるゲームってそういうのが多いような気が…^^;

また気が向いたらネタに取り上げてみようと思ってます。
[PR]

by siyoruhayanai | 2007-03-19 22:31 | ゲーム・マルチメディアとか | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ayani.exblog.jp/tb/6624431
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「福山のラーメン」      らーめん 「道楽」 >>