カテゴリ:回顧録( 9 )


2014年 09月 17日

ラジコン回顧録 その⑨

前回 ラジコン回顧録 その⑧ から続き。

で、そんな当時の自分は、ダイヤをホームとしてたまにDROO-Pといった感じで
ラジドリを楽しんでいたのですが、ココでひとつの壁にぶち当たります。

カーペット路面のダイヤはそこそこ走れるのに、アスファルト路面のDROO-Pでは全然思った様に走れない…
とにかく車が前に出ない…何でエキスパートの方達は、なぜあんな車速・カウンターで走れるのだろう…と?
等速・ケツカキ云々以前に、一体何が違うのか全く理解できませんでした。

そんな中、ダイヤがアスファルト路面に改修され、ケツカキブームが追い風となり人が人を呼び、
ダイヤが地元ラジドリシーンを牽引していく存在となります。
b0002914_23184131.jpg
そもそも、地元でのケツカキブームは当時関西で第一人者と言われた銀さんのカウンタードリフトに衝撃を受けて、
学ちゃんをはじめCOOL-Dメンバーが、そのノウハウを地元に持ち帰った事が始まりと聞きました。

そこで、いち早く地元でケツカキ&カウンターに着手していたのが、当時職人と呼ばれた 学ちゃん でした。
b0002914_21385975.jpg
綺麗に手が入れられたシャーシ。

この動画はたしか 学ちゃん と まっすんさん だったか?
この白い86がコースに居る時のプレッシャーたるや半端ではありません(笑)

学ちゃんの単走。

「カウンターを戻すくらいなら、戻さずにクラッシュした方がいい」とまで言い放ったその走り。
自分の中では今でも別格な存在ですね^^

さて、そんな中自分もようやくケツカキへ移行する事になります。
等速時代にそれなりに経験を積んでいた事と、後発で色々な情報やアドバイスが得られた事もあり
思ったほど苦戦せずスムーズに移行出来たと記憶しています。

しかし、まだまだ周囲と比べたら戦闘力の差は歴然。
少しでも戦闘力を上げようと、シャーシをドリパケ@TNコンバからTNリバースコンバにチェンジしたり。
b0002914_2111482.jpg

プロポをアップデートしたり。
b0002914_21193184.jpg
しかし、何といってもスロットルコントロールを繊細に、時にはメリハリをつけて行う事の重要性。
これを教わり、気付いて、意識して実践出来はじめる様になった時、今まで遠く離れ見えなかった相手が次第に見えてきて
長くぶち当たっていた壁を越えられたような気がしました。
これは現在でも操作面では最も重要な事だと思います。

そうなってくると、とにかく追走が楽しく楽しくなってきて…
b0002914_21364339.jpg
毎週末夜は、この看板を見るのが恒例となります。
続く…

動画おまけ。

フクさんに追いつかれてイッパイイッパイで走っている自分。
振りのタイミングが遅いし、カウンターも薄い…まだまだですな~^^;


いよいよ?次回は最終回! からの投稿
[PR]

by siyoruhayanai | 2014-09-17 23:29 | 回顧録 | Trackback | Comments(2)
2014年 08月 28日

ラジコン回顧録 その⑧

え~と、前回 ラジコン回顧録 その⑦ からずいぶん間が空いてしまいました…^^;が、続きます。

さて、そんな訳で2009年頃からダイヤモンドサーキットに通い始める事となります。
b0002914_107298.jpg
(余談ですが、そんなダイヤもついこの前 オフロードサーキットは閉鎖 との事で…時の流れを感じますね)

自分はまだ初心者だったので人の少ない時間を狙ってコソ練?を続け、
そこそこ周回出来るレベルになってきました。
b0002914_10291923.jpg
当時は、とにかく安定走行かつスムーズなライン取りを意識していました。
そうやって周回していると、いつしか後追いで絡んでくれる人が現われて、
それが交流のきっかけになったり、自然にレベルアップに繋がったと思います。

自分はどっちかというと、前走を走る事が多かったのですが「後ろが走りやすい」とか、
言われると嬉しかったですね^^
数珠つなぎのトップを走ってる時の緊張感も、何とも言えず楽しかったり。

もちろん、まだまだトップクラス集団の方のレベルにはほど遠く、
いつかはあの集団の中で走れたらなぁ…と思いつつ、
とにかく一番走り込んだのはこの頃だったと思います。

そして、しばらくして岡山へ DROO-P のサーキットがオープン。
b0002914_10215898.jpg
b0002914_10221816.jpg
滑るアスファルト路面とタイトかつテクニカルなレイアウトで、なかなか手強いコースでした。

その頃、ダイヤモンドサーキットはカーペットからアスファルト路面へ改修。
同時に「ケツカキ」「カウンター」という言葉をよく耳にする様になります…続く。


学ちゃん語録は忘れない。からの投稿
[PR]

by siyoruhayanai | 2014-08-28 10:30 | 回顧録 | Trackback | Comments(2)
2014年 03月 27日

ラジコン回顧録 その⑦

前回 ラジコン回顧録 その⑥ から続き。

さて、そんなダイヤモンドサーキットで遂にサーキットデビューだな…( ̄ー ̄)ニヤリ
と、かる~い気持ちで覗いてみたら…
b0002914_2150727.jpg
上手い方が沢山しかも結構なスピードで走られてまして…^^;
こりゃ場違いなところへ来てしまったかなぁ?とやや後悔。
当時等速でタイヤはタミヤSドリの頃ですから、速度もともかく握り倒しのモーター音が印象的でした。

いきなりコースインは無謀と感じたので、まずは2Fミニコースで練習。

当時自分の練習風景です^^;たしかこの時にフロントワンウェイを初めて入れたんだったか?

次第に感触は掴めてきたとはいえ、メインコースは大きく別物…まともに走れるのか?
しかし、見てるばかりでは先に進まないので、意を決してコースインする事に。

グリップ走行は比較的出来る自信は有りましたが、カーペット路面のドリフトは初めて。
まずはタイヤの滑る感覚に慣れる所からでした。
いきなり全コーナーを繋げてドリフトするのは無理なので、
低速コーナーや好きなコーナーをドリフトで抜けられる事を目指していました。
最初はグリップ走行でも良いので、コーナー途中から浅い角度でタイヤ少しずつ滑らせる感覚を覚えて、
慣れてきたら次第にドリフト開始地点をコーナー手前に持ってきて角度を付けてみる…といった感じです。
これだけでもそれなりに繊細な操作が要求されるので良い練習になりました。
で、そのコーナーが攻略出来たら今度は他のコーナーも…って感じでやっていった結果、
角度は浅く地味ながら^^; 何とか全コーナーを繋げて周回出来る様になりました。

と、まぁ自分の事だけでイッパイイッパイながら、そうやって通っているうちに色んな方との交流が
更に広がっていく事となります。

そんな中で自分にとって大きなターニングポイントになった二人目の人物とは…
b0002914_2212339.jpg
COOL-D@学ちゃん です。

精度高くきれいに作り込まれたシャーシを迫力の走りで振り回す様はひときわ目を引きました。

あまりのインパクトに、まっすんさんに「あの人は何者ですか!?」と聞いた事を覚えています。
当時からセッティングやテクニックについても知識が豊富かつアドバイスも的確。
今でも自分の中ではレジェンドな人物です^^

ちなみに動画の前走の 平原ドリフターズ@なべさん とも当時よく絡ませて頂いたんですが、
とにかく安定感が高い走りをされる方で、前走とは何ぞや?という事を勉強させて頂いたモノです。

当時から大会も開催されていました。

自分は参加した事は無い…というかとてもそんなレベルでは有りませんでしたが^^;
今でも現役の面々が活躍していますねぇ~( ̄ー ̄)ニヤリ

当時インドアサーキットでしかも深夜営業というロケーションはココだけ。
ドリフトシーンの盛り上がりと呼応する形で人が人を呼び、
ダイヤモンドサーキットが地元ドリフトシーンを牽引していく事になります…続く。


なべさんはラジまに店長の元同僚からの投稿
[PR]

by siyoruhayanai | 2014-03-27 21:52 | 回顧録 | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 13日

ラジコン回顧録 その⑥

前回 ラジコン回顧録 その⑤ から続き。

さて、それまではツーリングカー時代の有りモノ合わせで何とか…と思ってましたが、
だんだん目が肥えてきていよいよドリフト用シャーシが欲しくなってきました。
で、チョイスしたのがドリパケ@TNコンバ。
b0002914_2253194.jpg
当時周囲はTA05などのツーリングカーベースのベルト駆動シャーシが多数で、
どちらかというとドリパケは初心者向け・ドリフト登竜門的な印象のシャーシ。
(しかし時代は巡って今またドリパケブームが来てるのが面白い所です^^)
マニア御用達のOTA-Rは、なかなかイイお値段なコンバージョンキットで敷居が高そう…
とてもOTA-Rは買えないお財布事情も有りましたが、そこを敢えてドリパケでやってみたいという事。
ツーリングカー出身として馴染みが有り信頼出来るTNRACINGブランドだった事がチョイスの理由でした。

等速時代~ケツカキ初期までと、比較的長期間使用したシャーシでしたが
とにかく安定感が高くホント良く走ってくれた思い出深いシャーシのひとつです^^

そして、隣人からの紹介も有りラジドリを通して色んな場所で人との繋がりが広がっていく事になります。

管理人ワイルドクラッシュさん主催のKRC。
b0002914_22533127.jpg
べるのさん・アルガードさん・てげむらさん・平原ドリフターズの方達とワイワイガヤガヤ^^

これぞまさにパーキングロットなO佐山。
b0002914_22534361.jpg
いつもの面々とこんな時間まで…^^;510さんとはココで初めて出会ったと記憶しています。

市内某所M公園。
b0002914_2254425.jpg
福山中年愚連隊・にぃやん・ねぇやんさんとココで対面。今と変わらぬハイテンションが印象的でした^^

そして、以後の主戦場となるダイヤモンドサーキット
b0002914_22541541.jpg
2008年11月に初訪問。当時はカーペット路面でした。
そんなダイヤがオフロードサーキットになろうとは一体誰が予想したでしょーか?^^;

おまけ。「D.D.Jam '08 第一回」

いやコレは懐かしいですね^^

で、まだまだ続く…


にわッチさんに先振りしたった!!からの投稿
[PR]

by siyoruhayanai | 2014-03-13 22:56 | 回顧録 | Trackback | Comments(2)
2014年 03月 11日

ラジコン回顧録 その⑤

前回 ラジコン回顧録 その④ から続き。

…と思い外を覗いてみると、隣人が家の前でラジコンカーを走らせていた音でした。
しかもよく見ればドリフトをやってる様子。

当時自分は引っ越してきたばかりで、隣人と面識は薄かったのですが、
そんな同じ趣味を持つモノ同士しかも隣人となれば、親しくなるのは時間の問題。

そう…その人が後にCOOL-Dのリーダー&広島の神と言われる事になる まっすんさん であります。
b0002914_21174189.jpg
この方との出会いが自分にとって大きなターニングポイントになります。
確かこの時が2008年初頭だったかな?

当時自分は主に駐車場で友人と走行して楽しんでいて、
セットやらモノがテクニックがどうこう以前に、とにかく走らせる事が楽しかった時期。
シャーシはRS4 PRO2をドリフト用にコンバート。
b0002914_21452965.jpg
まだニッ水・ブラシモーター&アンプ・FMプロポでしたから…^^;ホントまだまだ走り出しの頃でしたね。

しかし、まっすんさんのシャーシを拝見すれば何やら変わったシャーシ。
b0002914_21532651.jpg
OTA-Rというストリートジャム製のTA05からのコンバージョンシャーシとの事で、
モーターがフロントミッドシップに搭載されているのが特徴的なレイアウト。
更に走行を拝見して別次元の動きと走りに衝撃を受けた事は言うまでもありません。
そして、以後は本格的にラジドリの世界へはまっていく事になります…

おまけ ← 懐かしいモノが見れるかも…( ̄ー ̄)ニヤリ


にわッチさん!ようやく更新しましたヨ…からの投稿
[PR]

by siyoruhayanai | 2014-03-11 22:23 | 回顧録 | Trackback | Comments(4)
2014年 02月 05日

ラジコン回顧録 その④

前回 ラジコン回顧録 その③ から続き。

さて…それから時はかなり流れて、結婚を経て新居を構えたりと自分自身の環境も大きく変化し
すっかりラジコンの事は忘れてました。
そんなある日、同僚とラジコンの話題になり彼曰く「ラジコンカーをやってみたい」との事。
更に話を聞けば、最近ブームになってるとかいうドリフトをやってみたいらしく、
ヨコモのドリフトパッケージとかいうキットが欲しいとか…
b0002914_2151399.jpg
ふーん…ドリフトねぇ…ツーリングカーなら昔やってたけどって話から、
あーだこーだ言ってる間にどんなモンか触れてみれば?って事で、
自分のツーリングカーをドリフト仕様に仕立てて走らせてみるかって話に。

たしか引っ越しの時捨てずに保管してあったはず…と物置を探してみたら発見。
b0002914_21594392.jpg
ツーリングカー時代最後のシャーシだった HPI RS4 PRO2。更にプロポは当時ハイエンドだった JR R-1。

ついでに当時使っていたピットボックスやら工具も発見。
b0002914_2155537.jpg
もうかれこれ10年以上前のモノでしたが使えそうな感じ^^;

そんな自分の物持ちの良さに呆れながらも、まずはちゃんと動くかだな…と考えていたら
ん?何やら外から聞き覚えの有る音が…? 以下続く。


当時のハイエンドアンプと言えばTEKINが鉄板からの投稿



[PR]

by siyoruhayanai | 2014-02-05 22:09 | 回顧録 | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 21日

ラジコン回顧録 その③

前回 ラジコン回顧録 その② から続き。

そうやって楽しんでいた中、次第にメンバーも増え大会も開催される様になり
周辺でも上手い方が次々現れて、目指せ!全日本選手権という雰囲気になってきました。
メーカーワークスの活動も活発になり、競技志向が強くなりつつ有った中
その中で個人的に入れ込んでいたメーカーがSPEED MAX。
b0002914_1055581.jpg
関西のメーカーで主にコンバージョンキットを中心にリリースしていました。
一番最初に手にしたのはジュラコン削り出しサスアームだったかな?なかなかイイ値段でした^^;

特にセッティングについては、ロールセンター・シャーシロール・ボディ形状がどうとか
当時としては斬新な切り口・視点でその先見性に驚かされた事を思い出します。
b0002914_111204.jpg

b0002914_1058203.jpg
b0002914_10594446.jpg
画像の資料は18年ほど前のモノですが…今見てもなかなか興味深い内容だと思います。

そして、あのウネさんがこちらのワークスドライバーになられたと聞き、
全日本選手権に参加されて、予選TQ・スポーツマンクラス入賞された時には
地元にこんな凄い人がいるんだなぁと驚いた事を今でも思い出します。
b0002914_11155223.jpg
b0002914_11163621.jpg
(画像は他ブログより借用)

そうやってシーンが成熟していくに従って、近くでは呉の焼山公園サーキット、岡山の黒井山グリーンパーク
遠方では群馬県川場RCプラザ、ご存じ谷田部アリーナへ友人の応援で遠征したりしていました…が、
次第にマンネリ化&惰性でやってる感が強くなり、ちょっとしんどいなぁと思う事も多々出てきて
サーキットへ通う回数も次第に減っていき、いつだったかはよく覚えていませんがフェードアウト状態で
第2次ラジコンブームは幕を下ろす事になります。

話は戻りますが、当時ウネさんとほとんど面識は無く雲の上の存在で遠目にお見かけするだけでしたが
ラジまにでバッタリ出会い、今こうやって御一緒させて頂く事になろうとは…
ホントに人の縁とは判らないモノだなぁ~と思います。

そうそう、他にも懐かしい資料が発掘されたんで貼っておきます^^

全日本を席巻した京商TF-2@アトラスコンバージョン。当時使用率No.1のシャーシでした。
b0002914_11284973.jpg

当時斬新なレイアウトで全日本衝撃デビューを果たしたOVAコクーン。TA05よりこっちが先です。
b0002914_11292538.jpg

現ヨコモの吉岡さん。当時HPIワークスで RS4PRO2を使用されてました。ラジまにで何回かお会いしましたっけ。
b0002914_11294479.jpg

そしてALEX CE-4。CE-Rの先祖です。
b0002914_11295842.jpg
今見ても全然古い感じがしないというか、ドリフトから始めた人が見たら見慣れた感じ?

さて、以後は暫くラジコンから離れて実車やらバス釣りの趣味に没頭する事になります。



次回からようやくラジドリ編に突入からの投稿
[PR]

by siyoruhayanai | 2014-01-21 17:51 | 回顧録 | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 18日

ラジコン回顧録 その②

前回 ラジコン回顧録 その① から続き。

で、そこで目にしたのが当時流行し始めていた電動ツーリングカー。
b0002914_15294479.jpg
実車でもDTMやらJTCCとかいわゆるハコ物ボディのレースが盛り上がってた頃です。

慣れぬ雰囲気にビビリつつも常連の方に聞けば、他にもっと速いプロテンやF1も有るけど
ツーリングカーは4WDで走らせやすいし、実車で馴染みのあるボディが選べて楽しいよとの事。
自分も友達もすっかりその気になってしまい、じゃあシャーシを何にしようか?と情報収集。
最初はタミヤ TA02の新車を考えていた所、先輩から買わないか?と話が合ったのがコイツ。
b0002914_15295861.jpg
(画像は他ブログより借用)

ヨコモ YR-4です。
試乗してみればベルトドライブで静かだし速い!!
おまけにプロポは当時ハイエンドのKO EX-10やらアンプはノバックも付いてるとの事で交渉成立。
これが最初のシャーシになりました。
今見ればプラスチッキーですが、基本構造自体は今の車とさほど変わってないのが意外です。

その後は毎週の様にサーキットへ通い詰め、常連先輩方に色々教わったりしているうちに友人も増えて
仲間内からラジコンショップを開店する人まで現れて結構な盛り上がりでした。
シャーシも最初はオフローダーベースだったのが専用設計になり、色々なシャーシが次から次へとリリース。
b0002914_1537433.jpg
(画像はRC WORLD RCカーセッティングマニュアルより借用)

シャーシキットやらコンバージョンなど見てるだけでも楽しかった様に思います。
今思えばドリフトを始めた頃と似たような雰囲気でしたね^^

で、さらに続きます…


EXPRESS JAPAN欲しかったけど買えなかったんだよな~からの投稿
[PR]

by siyoruhayanai | 2014-01-18 15:41 | 回顧録 | Trackback | Comments(2)
2014年 01月 15日

ラジコン回顧録 その①

そもそも自分はアラフォー世代なんですが、これまでにもラジコンをしていた経験が有ります。

まず小学生時代は電動バギーブーム。
b0002914_22494394.jpg
グラスホッパー・ホーネット・マイティフロッグなどなど…最近も再版されたりしてますよね。
近い世代の方はやってた方結構多かった様に思います。
そうそう、あおたろさんが以前こんな記事をupされてたのも思い出しました(同じ47年生まれだったりする)

ホビーラジコンならではの強烈なスピード・メカニズム・迫力に夢中になったモノでした。
友達同士でシャーシやパーツを見せ合いしたり競争したりとか…アレ?あまり今と変わってないですね^^;

それから時は流れて、いわゆるファミコンブームが到来しラジコンは休止期間に入ります。
家庭用ゲームやらアーケードゲームに没頭する日々が続きました。
特にシューティングゲームやら対戦格闘ゲームが好きで、対戦相手を求めて遠征したりしてました。
今思えばシューティングゲームで弾幕をかいくぐったりとか、
対戦格闘ゲームで相手の動きや心理を読むなんて事は、実はラジドリと結構共通点が有る様に感じます。

さてそんな感じで学生時代は過ぎ、就職やらなんやかんやで生活環境も変化してきて、
趣味もゲームから車(実車)の方にシフトしてきつつあったそんな頃。
地元にラジコンサーキットが有るので見学に行ってみないか?と、友人に誘われて行ったのがココ。
b0002914_22492051.jpg
府中市営のPOMサーキットです。
で、そこで見たモノは…?続きは次回( ̄ー ̄)ニヤリ


ラジコン回顧録からラジドリ回顧録に続く予定ですからの投稿
[PR]

by siyoruhayanai | 2014-01-15 23:04 | 回顧録 | Trackback | Comments(0)