タグ:食べ歩き ( 86 ) タグの人気記事


2011年 07月 08日

ラーメン 「丸源ラーメン」

東北から四国まで展開するチェーン店だそうで、近所に出来たので行ってみました。

『丸源ラーメン』公式サイト

醤油・塩・豚骨・味噌・更につけ麺まで色々メニューが有りますが、
とりあえず今回は看板メニューで有る「肉そば」に決定。
b0002914_2295931.jpg
煮込んだ豚肉・タマネギ・柚子おろしが特徴的。
スープは醤油系ですが甘さを感じるのも独特。細かい背脂が浮遊しているのが見えました。
井上製麺の生麺タイプの尾道ラーメンを彷彿させる味だった様な…
上手く例えられないのですが、牛丼のスープっぽい甘辛さに近い感じと言いましょうか?
麺はやや太めの柔らかい感じの食感でスープがよく絡む点は相性が良い様に感じました。

まだ開店間もないせいか沢山のお客さんで賑わってました。
隣にはコンビニも有り広い駐車場も有るので立地的には良さそうかな?
他のメニューもまた食べてみたいですね^^
[PR]

by siyoruhayanai | 2011-07-08 22:24 | 食べるとか | Trackback | Comments(2)
2010年 07月 17日

大衆食堂 「稲田屋」

数年ぶりに訪問。
いまさら多くを語る必要も無い地元では有名な大衆食堂。
b0002914_1834767.jpg
何といってもまずは『肉串』を食べる。
b0002914_18342198.jpg
柔らかめの食感で甘辛い特徴的なこの味は、ココならではと感じさせる。
「服部屋」も似た系統だけど、こっちは甘さ加減はやや控えめか。

小腹が空いてたので『かけうどん』を注文。
b0002914_18343336.jpg
うどんのコシもダシも特別という訳ではないけど、
店内の雰囲気も相まって、何だかこの家庭的な味が落ち着くんだよなぁ^^

昼間っからビールのんで肉串を屠る有意義なとある日でした^^
[PR]

by siyoruhayanai | 2010-07-17 18:35 | 食べるとか | Trackback | Comments(2)
2010年 06月 20日

ラーメン 「どうとんぼり 神座」

社員旅行で大阪に来たのはいいが、特にリサーチもしておらず
同僚にどこかオススメのラーメン屋は?と案内してもらう事に。

神座と書いて「かむくら」と読む。
食券は入口脇の券売機で買うスタイル。
メニューの種類が沢山有ったが、とりあえず普通のラーメンに相当する
『おいしいラーメン』に決定。
b0002914_17462225.jpg
透き通ったあっさり醤油スープに、薄切りチャーシューがのっているんだけど、
目を惹くのは炒めた白菜が入っている事。
麺はかんすいが多めな感じの透き通ってコシが有るやや太い麺で、
地元で似た様なラーメンといえば…ちょっと思い当たらない感じ。
敢えて言うと「十八番」のチャンポン麺のスープのとろみを無くして、
スープの味をかなり薄くした感じかな?
味は見た目に違わずあっさりした味で、正直やや物足りない様な気はしたが
これが何回も食べるとクセになるらしい^^
飲んだ後の一杯とか、飽きない味というかリピートしてしまう味って、
こういう味なのかもしれないと思いました。

店内は厨房をグルリとカウンターテーブルが取り囲むロケーションで、
いかにもラーメン専門店で回転が良さそうな感じ。
飲んで晩飯食べた後に寄った位の時間帯だったけど、
お客さんは8割方入ってて結構繁盛している様子。
HPを確認してみるとチェーン店系のお店の様です。

『ラーメンレストラン どうとんぼり神座(かむくら)』

あいにく地元近くには支店が無く、次回はいつ食べられるか?って感じですが、
次食べた時はちょっと印象が変わるかもしれないですね^^
[PR]

by siyoruhayanai | 2010-06-20 18:00 | 食べるとか | Trackback | Comments(0)
2010年 05月 05日

洋食 「スローフード コニファー」

☆2010/5/3☆
夜に訪問。
この日は家族の祝いで大人数という事で1室を予約貸し切りにして頂いた。
以下画像はコース料理の一部。
b0002914_16563074.jpg

b0002914_16565679.jpg
座敷で箸を使って気軽に食べる事が出来る洋食も良いですね^^
相変わらず一品一品とも素材の良さが感じられる内容で、
じっくりと味わって美味しく頂きました。

提供されるタイミングもちょうど良く、
おかげさまで家族での会話も弾み楽しい一時となりました。


☆2009/7/5☆
どれくらい前だっただろうか?
伊勢丘に有った「キッチン ヘルン」が閉店するとの噂を
聞いた時にはびっくりした。

結局それは現実になり支店の「カフェズ ヘルン」も含め
閉店されたのだけど、これまた噂で「自宅でまたお店を開店される」
らしいとの事を聞いていた。

結局それも現実となり、それが今回紹介するこのお店であります^^
既に訪問した人間からかなり好感触な感想を聞いていただけに
いつかいつかと訪問する事を楽しみにしていました。

御自宅兼お店として営業されています。
b0002914_9341251.jpg
場所は旧ヘルンの向かい側で、以前から住居らしからぬ佇まいの家だなぁと
いつも気になっていた家でした^^;

ランチタイムは11~15時まで(オーダーストップ)
ティータイムは14時から
ディナータイムは18時から(完全予約制)だそうで、
この日はランチでお邪魔してきました。

ランチメニューの案内。
b0002914_9342833.jpg
時間はちょうどランチ時で満員だったので暫く店外で待つ事に。
ウッドデッキも有って、周囲は綺麗に植樹され隠れ家の様になっているので
ここで楽しむランチは更に格別だと思います^^

マスターと奥さんとも久々に再会。
身内や知り合いもよく来店するお店なので、自分の事も覚えていて下さって
きさくに声を掛けて下さりました。

今日は本日のランチにしました。
b0002914_9345046.jpg
b0002914_935051.jpg
b0002914_9351032.jpg
b0002914_9351841.jpg
新鮮な野菜・魚・そして自家製パンと、どれも素材の良さを活かした手作り感が感じられる
とても暖かみが感じられるメニューで美味しく頂きました^^
お店に来ているといったよりは、知り合いの家にお邪魔したといった感覚が
より暖かみを感じさせるのかもしれません。

これはお店に有った案内文です。

「地元の食材を共に楽しんで頂く為のお店です。
 出来る限り地元の安全な食材を心掛け
 心身共に優しいお店を目指しております」

まさにこの文言に偽りなしと感じました。
また通う事になるお店が一軒増えました^^
[PR]

by siyoruhayanai | 2010-05-05 17:05 | 食べるとか | Trackback | Comments(2)
2010年 04月 06日

手打ちそば・おばんざい 「くまのの里 鴨尾」

☆2010/4/6☆
お店の案内カードを頂いたのでup。
b0002914_21483015.jpg
場所等よく判らない方はもし良かったら参考にしてみて下さい^^

☆2008/8/23☆
昼に訪問。
ちなみに入り口付近に有った営業案内。
b0002914_21525256.jpg
訪問される方は確認してみて下さい^^
さて、この日も『ざるそば定食』を注文。
b0002914_21542194.jpg
小鉢料理が毎回変わるので楽しみ。
前回も感じたのだけど、突き出し(?)で出てくる野沢菜の漬け物が美味い。
食べ出すとやめられなくなってしまう…^^;
同行者は『鴨尾定食』を注文。
これはそば付き定食に小鉢料理や刺身が追加されたメニューで、
少しずつ沢山食べたい人は嬉しいと思うし、ボリュームも結構有りました。
帰り際に奥さんとお話する機会が有ったのだけど、
まだ開店間も無い事も有るのか、お客さんの反応を気にされている様子。
接客は至って家庭的で、隠れ家的なロケーションも手伝って
心地良い一時を過ごせる場所なので、自分は是非また来たいと感じつつ店を後にした。

☆2008/7/24☆
元々有った古民家を改造したお店で、
前回訪問したのは、まだ開店前工事中の時だったのだけど
見違える様に綺麗になってました。
入口の門。
b0002914_1149325.jpg
ここをくぐって庭を通ると広い庭の奥にお店が。
b0002914_11494672.jpg
手前右脇に見えるのは喫煙スペースの模様。
縁台が設置してあるのがなかなか良い雰囲気ですね^^

早速入店してみると、テーブル席・カウンター席・座敷が有った。
b0002914_11495974.jpg
インテリアはもっとレトロっぽいのを想像していたんだけど、
どっちかというと和風モダン的な印象かな。

店内から外を見た風景。
b0002914_11501087.jpg
店内には備前焼等が展示してあるブースが有り、購入する事も出来る。

さて、メニューを見てみる。
b0002914_21504087.jpg
基本的には蕎麦中心のメニューで『気まぐれ定食』のみ蕎麦が付かない構成。
この日は『ざるそば定食』を注文。
b0002914_11503668.jpg
蕎麦は勿論手打ち。
若干白っぽい色で細めながらコシが有りスルスル入る。
そばつゆは最初甘みを感じるが、後味はキリッとしてて麺と好相性。
おばんざいの小鉢をサービスで更に追加して頂いたのが嬉しい^^
この日はゴボウの煮付けとアスパラと鶏肉の炒め物で、
野菜はやわらかくかつ歯ごたえが有り、特にゴボウは味がよく染みていて美味しかった。
冷えていても美味しいんだよね。
ご飯は恐らく釜炊きだと思うのだけど、良い香りとツヤツヤ感が秀逸。
こんな美味しいご飯を食べたのは久しぶりじゃないかな?
このご飯とおばんざいが有れば、それだけでご飯が進みそうだ。
最後は蕎麦湯が出てきてこれにて完食。
全体的な印象としては、どの料理も素材の良さと作り手の丁寧な仕事が感じられ、
家庭的な接客も手伝って、心地良く美味しい料理を頂く事が出来た。

未だその存在を知られていないお店だけど、
店の佇まいや隠れ家的なロケーションも手伝ってこれから流行るんじゃないかな?
個人的にはこのままひっそりとしておいて欲しい様な気もするけど…^^;
今後も要注目なお店で有ります。

☆2008/6/28☆
以前、ちょっと話題に出た福山市熊野町の新店。
先日頂いた名刺の裏に地図が有りました。
b0002914_2221894.jpg
以下、店の場所が判りにくいのでアクセスの為のポイント説明。
沼隈線からバス停を目印に曲がるのですが、スピードを落としてゆっくり行かないと
かなりの確率で通り過ぎると思われるので注意。
曲がった後は道なりに登って行き、竹林が見えたらその向こうに古民家風
(というか元々古民家なんだけど)の店が見えてくるはず。

店は既に開店してまして、訪問した人間の話によると
先週末はなかなかの盛況で早々に売り切れ店じまいしたそうな。
メニューは蕎麦だけで無く、おばんざいも有りお得なランチも有るらしいので
また近いうちに行ってみたいと思います。
[PR]

by siyoruhayanai | 2010-04-06 21:49 | 食べるとか | Trackback | Comments(7)
2009年 10月 18日

ラーメン 「満麺亭」

☆2009/10/15☆
昼に訪問。
思えばこっちは久々に来た様な気が^^;
メニューの内容がシンプルで判りやすくなっていた。
この日は『あぶり醤油チャーシューメン』を注文。
b0002914_10134161.jpg
肉厚も程々のチャーシュー3枚が目を惹く。
味は以前食べた「二代目 まんめん亭」のラーメンとほぼ同じ印象。
昔印象的だったの味の濃さは影を潜めて、
魚介ダシ中心の旨味が感じられる癖の少ない洗練された味と改めて感じた。
後、創業10周年記念で『海老味噌ラーメン』も有った。
b0002914_10141247.jpg
三吉町に開店してだろうからもう10年か…早いものですね^^

ここも相変わらず繁盛していて、
昼時には順番待ちも有り店内も活気が有り流行っている様子。
限定メニューを定期的にリリースしたり、
ラーメン店では珍しいリサイクル箸を使用している所に
マスターの研究熱心かつ志の高さを感じた。


☆2007/10/30☆
昼に訪問。
だいたいは普通の『ラーメン』を食べる事が多いんだけど、
ちょっとあっさりしたのが食べたいなぁと思う時にはコレ。
b0002914_2145459.jpg
『塩ラーメン』です。
ん?スダチ?前は確かバターがトッピングされていた様な気がしたが…
具はネギ2種類・メンマ・チャーシュー。
更にワカメと水菜のトッピングが味・見た目にもさっぱりした印象で○
スープは魚介ダシが効いていて後味さっぱりのあっさり味。
麺は普通の『ラーメン』よりも細めの麺だと思う。
スープとの相性も良く相変わらず美味しいです。
そういえば、ここの『味噌ラーメン』はまだ未食なんだけど、
寒くなってきた昨今、次回は是非食べてみたいと思う。
そうそう、今年も冬季限定『満麺鍋』が始まってましたよ^^

☆2007/7/8☆
この日は『ラーメン(ネギ盛り)』を注文。
b0002914_22555764.jpg
ネギは別皿で出てくるので写真はデフォルトの『ラーメン』と同じ。
ここのラーメン食べるの久々なんだけど、いつもよりスープの色が薄い様な?
食べてみれば、味も見た目と同じく今までよりも濃さが控えめな感じで、
明らかに前に食べたのとは違った印象。
うーん、たまたまだったのか?
逆にこれ位がちょうど良いって人も居るかもしれないかな。
そういえば、前に夏期限定で有った『ざるラーメン』今回メニューの中に無かったなぁ。

☆2007/3/24☆
3/20よりローソンでカップ麺が発売されていると聞き早速買ってみた。
価格は¥298。製造元は北海道の「十勝新津製麺」という会社で、
HPを見ると過去にも沢山のご当地ラーメンを発売している。
このお店も過去に発売されてたんですね)
お店の外観をモチーフにしたパッケージに”店主監修”の文字。
b0002914_14501665.jpg
脂身が多めでかすかに炙った後が見られるチャーシューは御愛嬌か^^;
乾燥具はネギのみで後は全てレトルトとなっており、
その袋へ背脂も入っているので、別途湯煎しておくと○。
スープはやや濃い醤油色で魚介出汁も感じられ、背脂含め特徴が再現出来ている。
スープ最後の方は良くあるカップ麺独特の味が感じられたので、
背脂とスープ表層の脂がこの特徴有る風味を醸し出しているのかな?
最も印象に残ったのが麺で、いわゆるフリーズドライの物なんだけど、
しっかりした歯ごたえが有り、インスタントらしからぬ出来。
大手有名メーカー生麺タイプの物よりも断然こっちの方が好みです。

価格もそれなりに良い商品では有りますが、
お店の味を知る身としては、一度は食べてみたい興味有る一品ではないでしょうか?
(お店の味知っててこういう商品食べた事って今まで経験無いしね)
夜中に無性に食べたくなった時用におひとつストックは如何?^^

☆2006/11/25☆
いつもは普通のラーメンや塩ラーメン、炒飯を食べる事が多いんだけど、
今年も冬期限定の満麺鍋が始まったと聞き、これを目当てに行ってきた。
b0002914_1743188.jpg
まず最初に固形燃料が乗った鍋台・取り皿・木尺・トッピング用の唐辛子が出てきて、
普通のラーメンとは違う事を予感させる。
そして来ました満麺鍋と雑炊セット(ご飯・溶き卵・薬味付き)
器は土鍋でグツグツ煮えております。
b0002914_1743074.jpg
具はニラ・ネギ・モツ肉・キャベツ・もやし・タマネギ。
麺はやや太めでプリプリした食感で、のびにくい様配慮している点に好感が持てる。
スープは味噌豚骨っぽい味でややピリピリする感じ。
このスープは野菜や麺との相性が抜群に良い。まだまだ食べられるって感じ。
さて、麺が無くなったのを見計らって今度は雑炊。
速やかにご飯を投入し溶き卵を入れ蓋をし待つこと数分…
b0002914_17433869.jpg
雑炊になると濃い感じになりそうでどうか?と予想したが、そんな事も無く美味しく完食。
市販品で煮込みラーメンってのが有るんだけど、それに似た印象を受けた。
ちょっと思ったのは、雑炊を作る時点で固形燃料が残っている状態が望ましいので、
必要以上に時間をかけず食べる事をお勧めします。猫舌の人や女性はちと注意かな。
(別に早食いじゃなくても普通に食べていれば食べきれる時間だと思う)
ちなみに自分は完食した時点でちょうど固形燃料が無くなりました。
最後はラーメン食べただけでも暑かったのが更に暑くなってきて鼻水まで出てきた(笑)
これからの寒い日には特にオススメの一粒で二度美味しいメニューです。


[PR]

by siyoruhayanai | 2009-10-18 10:15 | 食べるとか | Trackback | Comments(10)
2009年 07月 19日

ラーメン 「匠」

☆2009/7/18☆
昼に訪問。
久々の訪問の気が^^;
前に来たのは何時だったか?ブログの履歴でいくと約2年ほど前だけど、
確か間に1回来てたはず。
昼時よりもやや早めのせいか、まだお客さんは1組程度。
入り口ドアを開けようとしたら、先に店員さんが挨拶と共に親切に中からドアを開けて
迅速に席まで案内して下さった^^
ラーメン店でこういう接客は新鮮だなぁと思うと共に、
丁寧な接客に久々に食すラーメンにも期待が高まる。

この日は「Black」を注文。
b0002914_2120888.jpg
「Black」とはラーメンに入っている香味油のマー油からネーミングされてるのだろうけど、
その名に違わずニンニクの香ばしい香りと、上手く表現出来ないがコクを醸し出す素材が
入っている様でベースと思われる「とんこつしぼり」よりも、より濃厚な味が楽しめる。
最初は「とんこつしぼり」にちょこっとトッピングを施した程度の物を想像してたんだけど、
思ったよりも別物で個人的にはかなり気に入りました^^

また期間限定メニューで「冷麺」が有り、コシの有る平麺で半熟タマゴがトッピングされた
パスタ風の外観で、マヨネーズっぽいあっさりとした風味のスープで頂くモノ。
こちらは創作っぽいメニューで、味見した感じではあっさり風味で美味でした。
意外だったのは麺の量が思ったよりも多くて、男の人でも満足できるボリュームかと思います。

そういえば…ラーメンのドンブリが以前と変わったのかな?


☆2007/5/12☆
友人と晩飯に訪問。
b0002914_18421056.jpg
まだ早い時間だからか店内は比較的空いている状況。
手際良く注文を取りに来た後、友人と松永町方面のラーメン談義に。
「いや~この前『らあめん天』に行ったらもの凄い行列で…」という話から、
「吉華」?「KAZU2号店」?「らあめん天」とな?…なるほど。
なかなか興味深い話を聞く事が出来ました( ̄ー ̄)ニヤリ
さて、この日は「とんこつしぼり ネギ盛り」「焼飯」にしました。
b0002914_18423188.jpg
ネギ盛りはネギのシャキシャキ感が心地良くこれはなかなか好感触。
炒飯はパラパラしてて味もしっかり付いていて相変わらず美味。
友人は移転前以来久々な来訪だったそうで、塩を食べてました。
スープを飲むのがやめられない止まらない状態だったそうで、なかなか満足した様子。
店を後にする頃には席が埋まりつつ有る状況で、
相変わらずなかなか繁盛してる様です。

☆2006/9/8☆
b0002914_23144934.jpg
今日の晩飯は塩チャーシューと焼き飯。
塩は久々に食べたんだけど美味かった~

>和さんへ
冷やしラーメンはもう終わってたみたいです。


[PR]

by siyoruhayanai | 2009-07-19 21:40 | 食べるとか | Trackback | Comments(14)
2009年 07月 14日

とんかつ 「珍豚美人」



平日休みのこの日、昼に何か食べに行くか…と思いついたはいいが
中華は昨日食べたし、寿司は明日食べる予定だし
焼き肉は近々食べる予定が有るし、せっかくゆっくり出来るのに
ラーメンとかうどんでは味気ないし…という事で(どれだけ食べてるんだかw)
行ってきました。
b0002914_22355433.jpg
「珍豚美人」と書いて「チントンシャン」と読むこのお店、
小さい頃に親に連れて来て貰った事が有るんだけど、
聞くところによると、やはりかなり昔から有るお店だそうで、
ここと「豚珍館」はよく並び称されてる様なそんな印象が有ります。

さて、メニューはこんな内容。
b0002914_2236869.jpg
一目見て「ロースかつ定食」に凄く惹かれたんだけど、
相方とのバランスを考慮してw「珍豚定食」にしました。
その代わりと言ってはなんですが「麦トロ」を追加。
これは久々に食べたかったんですよね^^

ふと周りを見てみると、そろそろ昼時も終わりな時間にも関わらず、
スーツを着たサラリーマンのお客さんで賑わってました。
だいたい平日はいつもこんな様子なんでしょうね。

で、来ました「珍豚定食」
b0002914_2236275.jpg
いわゆる一番リーズナブルな豚カツ定食です。
豚カツはお世辞にも厚みはそれほどではなかったですが、
衣と脂身は比較的少なめで柔らかくて満足できる味でした。
豚カツでは絶対外せないソースはサラサラした感じで、
酸味が効いていてこれまた絶妙な味。
これだけで充分ご飯が進む状態ながら、
途中から麦トロを投入するとさらに進む進む^^
大盛りに盛られた麦飯もあっと言う間に完食。

お店の佇まいや店員さんの応対が家庭的な雰囲気が
このお店ならではの雰囲気を感じました。
こういうお店って今はなかなか出会えないだろうなぁ。
何だか懐かしい様なそんな気分にさせられました^^
[PR]

by siyoruhayanai | 2009-07-14 22:38 | 食べるとか | Trackback | Comments(0)
2009年 07月 12日

焼き鳥 「野球鳥 おさない」

ここは広島市西区アルパーク近辺。
店名からも判る様に、元広島カープ長内選手のお店であります。
b0002914_0414459.jpg
しかも当人が焼いているとの事で、カープファンだったら
一度ならずとも行ってみたいお店じゃないでしょうか?

しかし残念ながらこの日長内さんは不在との事で、
熱烈なカープファンの連れはちょっと凹んでおりましたorz

メニューの一部。
b0002914_042894.jpg
「カープ」は瓶ビール。
「ストレート」はウイスキーなどなど、
メニュー名はカープや野球がモチーフになってます^^
串物メニューの名前はカープ選手の名前になってました。
焼き鳥は1本からになってるので色々食べられていいかもです。
かなり種類も多かったですよ。

店内にはプロジェクタースクリーンで野球中継を放映中。
b0002914_0422151.jpg
選手のユニフォームもカウンター席に掛けてあったりとか。
店員さんも試合が気になる様でしきりに観ておりました。

特にこの辺は懐かしい名前が。
b0002914_042331.jpg
池谷、木下、高橋慶彦・衣笠…そうそう!ライトルとか居たっけなぁ~
思わずファミスタを思い出してしまいましたw

ちょっと一風変わったお店でしたが、
噂にたがわぬ、まさにカープファン垂涎のお店ですね^^
[PR]

by siyoruhayanai | 2009-07-12 00:44 | 食べるとか | Trackback | Comments(0)
2009年 04月 26日

ラーメン 「二代目 まんめん亭」

二代目という店名から伺えるように、市内に有る「満麺亭」(本店)の2号店。
立地はフジグラン内で飲食店が建ち並ぶ中になります。
最近この辺りは「ぶちくさラーメン」「味龍」「三十二匁」「ばり馬」と、
特にラーメン屋の新規開店がめざましく、
地元住民としては選択肢が増えて嬉しい限りです^^

店構えはこんな感じ。
b0002914_0412991.jpg
白い暖簾の奥には和風なこじんまりとした中庭が有って、その奥がお店になります。
本店は昭和レトロな雰囲気ですが、ここは今風というか和風モダンな感じで、
小綺麗でさっぱりとした雰囲気を感じました。

早速入店してみると店内はほぼ満員だったので順番待ち席で暫し待ちます。
思えば本店同様にラーメン屋では珍しい順番待ち席が有る事に
繁盛店としての自負を感じました。
カウンター席だったらすぐに案内出来るとの事で、さほど待つことなく席に座る事が出来ました。
すると目の前のケース内には噂のNゲージが走ってます。
特に子供が(大人も?)喜びそうな仕掛けですね^^

メニューはこの様な内容。
b0002914_0411594.jpg
麺類は醤油味の『角旨ラーメン』 塩味の『鶏旨しおらーめん』の二本立てに
つけめんが加わる構成の様で、本店とやや異なるメニュー。
マスターが研究熱心で今までも期間限定メニューとかやられているので
きっとそういうメニューも登場する事になる事でしょう。

さて、この日は『角旨ラーメン(大盛)』を注文。
b0002914_0414946.jpg
水菜とネギのトッピングと特徴的などんぶりが店の雰囲気同様
さっぱりとしたモダンな雰囲気を醸し出していて、
更にこの魚介ダシの良い香りが改めて満麺亭のラーメンだなぁと感じます。
スープの味は魚介ダシが主張する比較的さっぱりめな感じで、
背脂含む油っぽさは薄く特に女性の方には好まれそうな味だと感じました。
これと比べると、本店は一時かなり濃いめの味になっていた頃が有ったのですが、
今はこれ位の味になったのでしょうか?
長らく訪問出来ていないので、また比較してみたいですね。
角煮はホロホロと箸でつかむと崩れそうな程柔らかく
自家製麺の麺も相変わらずツルツルとした心地良い食感で、
店の雰囲気と同様に和風モダンでさっぱりとしたラーメンで
美味しく頂く事が出来ました。

ふと厨房を見るといつもの若いマスターが頑張っておられる姿が見えました。
こっち方面も今以上にライバルが増えて激戦区になってくると思うのですが、
このラーメンだったら2号店も本店同様にきっと繁盛店になる事だろうと感じました。
[PR]

by siyoruhayanai | 2009-04-26 00:43 | 食べるとか | Trackback | Comments(4)